ギークもどきの日記帳

雑多な知識が垂れ流される場所。ほとんど無害。

GHC(Guarded Horn Clauses)のインストール

GHCとは

https://ja.wikipedia.org/wiki/Guarded_Horn_Clauses/

インストール方法

今回は、SWI-Prolog上に実装されたGHCの処理系をインストールする。

SWI-PrologSWI-Prolog からインストールできる。

次に、 Software from UEDA Lab. から GHC system running on top of SWI-Prolog をダウンロード、展開する。

展開したディレクトリに移動し、

$ swipl
Welcome to ~...

?- ['ghcswi.pl'].
Warning ~...
true.

?- 

これでGHCプログラムを実行できる様になった。

GHCプログラムのコンパイルghccompile/1で行う

?- ghccompile('fib.ghc').
go/1', 'fibonacci/2', 'fib/4', 'outterms/2', ''END.'
true.

実行は

?- ghc go(10).
1
1
2
3
5
8
false.

fib.ghcはこんな感じ

go(Max) :- true |
           fibonacci(Max, Fs),
           outterms(Fs, Os), outstream(Os).

fibonacci(Max, Ns) :- true |
                      fib(Max, 0, 1, Ns).

fib(Max, N1, N2, Ns0) :- N2 =< Max |
                         Ns0 = [N2 | Ns1],
                         N3 := N1 + N2, fib(Max, N2, N3, Ns1).

fib(Max, N1, N2, Ns0) :- N2 > Max |
                         Ns0 = 0.

outterms([X|Xs1], Os0) :- true |
                          Os0 = [write(X), nl | Os1],
                          outterms(Xs1, Os1).

outterms([],      Os0) :- true |
                          Os0 = [].