ギークもどきの日記帳

雑多な知識が垂れ流される場所。ほとんど無害。

RoswellでCommon Lisp環境をセットアップする

Roswellとは (ざっくりと)

Common Lispの処理系やQuicklisp、SLIMEなどのインストール、処理系ごとのオプションの違いの吸収などを行うすごい便利なツール。 Common Lisperなら使って損はない。

インストール

参照Wiki

1. Installation · roswell/roswell Wiki · GitHub

Arch Linux

AURに登録されているので、yaourtでインストールできる。

$ yaourt -S roswell

Homebrew

$ brew install roswell

Windows

1. Installation · roswell/roswell Wiki · GitHub

使っているOSのbitに合わせて、32bitならRoswell-i686.zip、64bitならRoswell-x86_64.zipをダウンロードし解凍、PATHを通す。

ソースからビルド

INSTALL.md参照。

Replの起動

ros runコマンドでREPLが起動する。

$ ros run
* (+ 1 2)

3
* (quit)
$ 

また、roswellはデフォルトでsbcl-1.2.11のバイナリ版を使う。 他の処理系や最新版のsbclを使いたいときは、以下の手順でインストールする。

処理系のインストール (例: Clozure CL)

$ ros install ccl-bin

処理系の切り替え (例: Clozure CL)

$ ros use ccl-bin
$ ros run
Welcome to Clozure Common Lisp Version 1.11-r16635  (DarwinX8664)!

CCL is developed and maintained by Clozure Associates. For more information
about CCL visit http://ccl.clozure.com.  To enquire about Clozure's Common Lisp
consulting services e-mail info@clozure.com or visit http://www.clozure.com.

? 

インストールできる処理系のリストは、ros list versionsで確認できる。

$ ros list version
candidates for ros list versions [impl] are:

abcl-bin
allegro
ccl-bin
clasp
clisp
cmu-bin
ecl
quicklisp
sbcl-bin
sbcl

インストールできるバージョンは、ros list versions [処理系の名前]で確認できる。

$ ros list versions sbcl
Installable versions for sbcl:
Checking version to install....
1.3.15
1.3.14
1.3.13
1.3.12
1.3.11
1.3.10
1.3.9
1.3.8
1.3.7
1.3.6

SLIME

みんなだいすきSLIMEも簡単に使える。 ros emacsで、.emacs.dの設定なしにSLIMEを使えるemacsが起動する。すごい便利。

普通のemacsで使うには以下の手順を踏む。

$ ros install slime

続いて~/.emacs.d/init.elに次の行を追記する。

(load (expand-file-name "~/.roswell/helper.el"))

より詳しい設定方法は、

1.1 Initial Recommended Setup · roswell/roswell Wiki · GitHub

を参照のこと。

Roswell Script

Common LispではRubyPythonと異なり、プログラムをロードしたREPLを用いることが多い。 スクリプト言語のようにバッチ処理を実行するには、処理系ごとに異なった方法を取らねばならず少し不便を感じる。

その点を解決するため、RoswellにはRoswell Scriptという仕組みがある。 ros init <ファイル名>で、Roswellがインストールされている環境上で、単体で実行できるCommon Lispが生成される。

$ ros init fact
Successfully generated: fact.ros

$ cat fact.ros
#!/bin/sh
#|-*- mode:lisp -*-|#
#| <Put a one-line description here>
exec ros -Q -- $0 "$@"
|#
(progn ;;init forms
  (ros:ensure-asdf)
  ;;#+quicklisp (ql:quickload '() :silent t)
  )

(defpackage :ros.script.fact.ros.3698230850
  (:use :cl))
(in-package :ros.script.fact.ros.3698230850)

(defun main (&rest argv)
  (declare (ignorable argv)))
;;; vim: set ft=lisp lisp:

このファイルはEmacsVimの両方でCommon Lispソースコードとして認識される。

main関数がエントリーポイントとなる。main関数の引数には、適切にパースされたコマンドライン引数が渡される。 例えば、引数の階乗を返すコマンドは下のようになる。

#!/bin/sh
#|-*- mode:lisp -*-|#
#| <Put a one-line description here>
exec ros -Q -- $0 "$@"
|#
(progn ;;init forms
  (ros:ensure-asdf)
  ;;#+quicklisp (ql:quickload '() :silent t)
  )

(defpackage :ros.script.fact.ros.3698230850
  (:use :cl))
(in-package :ros.script.fact.ros.3698230850)

(defun fact (n)
  (if (zerop n)
        1
              (* n (fact (1- n)))))

(defun main (n &rest argv)
  (declare (ignorable argv))
  (format t "~&Factorial ~D = ~D~%" n (fact 
  (parse-integer n)))
  0 ; 終了ステータス
)
;;; vim: set ft=lisp lisp:

実行例

$ ./fact.ros 3
Factorial 3 = 6

$ ./fact.ros 10
Factorial 10 = 3628800

さらに、Roswellがインストールされていない環境でも(おそらく)動作するexecutableも作れる。 ただし、処理系やライブラリのイメージを含むため、ファイルサイズが50MiBぐらい大きくなる。レッツブルジョア!!

$ time ./fact.ros 10
Factorial 10 = 3628800
./fact.ros 10  0.43s user 0.09s system 98% cpu 0.530 total

$ ros build fact.ros

$ time ./fact 10
Factorial 10 = 3628800
./fact 10  0.00s user 0.01s system 89% cpu 0.018 total

$ du -ah
 54M     ./fact
4.0K     ./fact.ros

割りと速くなった。気がする。もっと計算量の多い処理だと大きく変わるかも。

気が向き次第に更新、追記する予定です。