読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギークもどきの日記帳

雑多な知識が垂れ流される場所。ほとんど無害。

高校で得られた知見とか感想とか

最近流行りの卒業エントリってやつです。 退職エントリの仲間で、長らく仮説上の存在でしたが、近年その実在が証明され、これからは爆発的に普及すると予測されています。 大学を卒業してから書こうと思ってましたが、なんか書き上がってしまったので高校卒業エントリです。

ようは卒業文集に書いたりするアレです。

けっこうこっ恥ずかしいことも書いたので、リアルの僕を知っている方は「読んでないし存在も知らない」という体でお願いします。 思いやりと信頼ですよ?

授業とかテストとかの感想

知らないことをたくさん学べるし、テストがあることで理解度を大雑把に把握できます。 しかし、ペースが遅い。内容もやや単調。授業の魅力は教師ガチャの結果次第。 やることはモバマスや神撃のバハムートとあまり変わらず、得られる報酬の魅力も薄い。 無事にクリアした君にはオプーナを買う権利をやろう。

でも、面白いことには面白い。鯖落ちやメンテナンスもないし、興味のない分野の知識もある程度得られるので、まぁ一回はプレイしてもいいかなと言う感じです。

公立の普通科高校で一からプログラミングをやっていった話

自分の高校生活をまとめると、部活に打ち込んだ3年間、という感じで表現されるのではと考えています。 体験入部もせずにコンピュータ部に入り、そこから3年間、卒業の1週間ぐらい前まで色々やってました。

主にプログラミングについて色々やってたので、ここに問題点と解決策を残しときます。

まず問題になるのが、強すぎるフィルタリングサービスです。これはぶっ壊すわけにもいかないので、顧問と話して、必要なときはスマートフォンなどを使えるようにしました。不便なことには不便ですが、気合で乗り切ります。 単語を見るタイプのフィルターは、言語設定をポルトガル語とかにするとスルーできたりするので、やってみる価値はあるかも。

次に問題なのがPCです。予算もあまりなく、学校のパソコンは好き勝手にはいじれない。大問題です。 解決策として、僕はRaspberry Piを使いました。割りとなんとかなります。Emacs動きます。aptで入らなければ野良ビルドLinuxの勉強にもなるし一石二鳥。 自前のノートPCを利用するのももちろんありです。

もっとも大きな問題は、学習方法でした。教えてくれる先輩も先生もいないので、人類の叡智に頼るほかありません。 How To Become A Hacker: Japaneseはかなり参考になると思います。 プログラミング言語の入門書としては、主に「すごいHaskellたのしく学ぼう!」や「Land of Lisp」を読んでました。 他にも「たのしいRuby」や「すごいErlangゆかいに学ぼう!」、「リーダブルコード」など、とにかく読みまくりました。 プログラミングは独学でなんとかなるので、自分で情報を集めて学ぶ姿勢を身につければあとは楽勝です。(個人の感想です。効能には個人差があります。)

コンピュータ部の感想

ここからは完全に思い出話になります。

僕が入った当時は、幽霊部員の3年生が3人いるだけの、廃部待ったなしな部でした。 多分再来年ぐらいに京アニでアニメ化します。12割ぐらい脚色つけて。

1年生は僕含めて3人で、僕を除いた二人はたまたま小学校の同級生だったりして、世の中不思議な縁もあったものだなぁと感じたのを覚えています。 部のロッカーからなのはのステッカーが出てきたり、部のパソコンのパスワードのヒントが「らき☆すた」で、wikipedia見ながらパスワードを当てたり、なかなか面白いスタートでした。

帰ってきたヒトラー」がどうだとか人肉の味がどうだとかパンツレスリングがどうだとか、極めて雑な話をしながら各々が自分のしたい事をする、コワーキングスペースみたいな場所でした。コワーキングスペース知らないけど。

1年の文化祭ではRAPIROを動かして、大体あそこで学校でのキャラが確定したんじゃないかなと。 じわじわ部員も増えて、アニメ見たりアナログゲームやったりだべったり、あんまりコンピュータ関係ないことをしながら、僕はオセロのAI実装したりRAPIROいじったりしてました。

コンピュータ部は、作業場であり、制作物の発表の場であり、友達と遊ぶ遊び場であり、学校に行く大きな動機だったように思います。

伝えるタイミングを微妙に逃した気がしてるので、ここで感謝の意を公開しておきます。恥ずかしいので部員の皆様はこの記事を見なかったことにしてください。 変なテンションで鈍器を読み漁って黒い画面を見つめる僕と一緒に毎日数時間を共有してくれた部員の皆にはとても感謝しています。 わざわざ家まで来て、スプラトゥーンのウデマエをSまで上げておいてくれてありがとう。おかげですさまじい連敗を味わいました。 結局のところ、2015年4月某日にあの部屋に3人が集まったことで、僕は死にそうなほどブルーな日も高校に行く羽目になり、おかげで無事に卒業でき、ついでに18歳になることもできました。該当の2名には特別の感謝をしたいと思います。出会えた幸運に祝福を。あと顧問の先生二人にも。お世話になりました。

後輩も10人ちょっと入り、コンピュータ部は相変わらずの調子で続いていくようです。良かった良かった。

大学に進学します

おしかったりおいしかったりする県の、3つぐらい似た名前の大学があってややこしい大学の情報科学部に進学します。 特になにかしでかそうとは考えてませんが、とりあえずはAR面白そうだなぁとか考えてます。あとCをちゃんと書けるようになりたい。 関係者となる皆様方はよろしくお願いします。

3年間は早かった。でも疲れたのでしばらくのんびりします。